ordermade

世界にたったひとつのあなただけのデザイン。

”あなたの想い出をかたちに”

数年間暮らしたオランダのとある街と共に過ごしてくれた"たくちゃん"!!

初めての海外暮らしの想い出の地、オランダ。そして励まし、支えてくれた”たくちゃん”。

本物のオランダの新聞、トラム、素晴らしい夜景、チューリップなど。

想い出をたくさん詰め込みながらも上品に仕上げました。

オーナー様の人柄が滲み出ている一点になりました。

家族以上のワンコたち!!

楽しい時も、つらいことがあった時もいつも傍らで喜び、励まし、悩んでくれた愛すべきワンコたち。

悲しい時は何も言わずに身を寄せてそのぬくもりを分けてくれた、家族以上にわかりあえたワンコたち、ありがとう。

言葉はいりませんね。想い出をできるだけたくさん、大好きなスカーレットレッドでトリミングしてコラージュしました。

これからはずっと一緒ですね。

想い出の地と想い出の楽譜と!!

以前お友達へのプレゼントとしてお作りになられて、今度はご自身のためにと想い出の品々をたくさんお持ちになられました。

以前住まわれていた海外の地図、ピアノレッスンの書き込みのある譜面、ご自身でお取りになられたお写真など盛りだくさんで まずは全てについてお話をお聞きすることから始めました。

その過程で優先順位をつけながら、ストーリーをお作りして、見た目も美しいバッグを目指しました。やはりトートバッグは面積が大きいので表現がしやすいですし、目立ちます。ですので今回もトートバッグです。

片面を地図に、片面を譜面にすることで子供のころから大人までのストーリーが出来上がりました。下側にはお母様の想い出も。

構成は大変でしたが色々な思い出が紡ぐことができ、とても素晴らしいバッグができあがりました。

ご家族とワンコの想い出をコラージュした長財布!!

ご家族のお好きだったお花をモチーフにお作りになられたアート作品とご家族の愛されたワンコ、大事にしていらっしゃるお言葉がしたためられたポストカードをお持ちになられました。

モノクロのワンちゃんでしたので可愛くなりすぎないようにお花のアート作品を組み合わせました。

お花の枯れた質感を上側に配置したことでモノクロのワンちゃんがとても落ち着いたいい雰囲気になりました。

もう片面の日本画と書はポップな色合いでしたのでポップな日本の古地図と組み合わせました。こちらは手書きの古地図の雰囲気がポップながらも和になり過ぎないモダンな出来上がりになりました。

今日もまたお客様の笑顔に出会えました。

頑張っているご自分へのご褒美!!

お休みもなく働いているご自分へのご褒美、モチベーションアップということで大事にしているお写真をお持ちになられました。

出来るだけ目立って、毎日持ち歩きたい、との事でしたのでたっぷりサイズのショルダーバッグをお勧めいたしました。

お客様のファッションがロック調でしたので暗めのトーンでコラージュしてみました。スカル、キャンドルを雑然と配置することとパッと見たときモチーフが立ちすぎないように気を付けてコラージュしました。

黒っぽいファッションのお客様にはピッタリの渋目の出来上がりです。職場で自慢します、コンサートにも持っていきます、との笑顔をいただきました。

お引越しをされる小学校の同窓生に!!

小学校の同窓生がお引越しということでみんなからの記念品として代表の方がお見えになりお作りになられました。

お持ちになられたのは小学校の卒業アルバム、文集などです。

送られた方が毎日お持ちになられるモノが一番のプレゼントとして考えてデザインをご提案しました。新聞は記事内容が読めてしまわないようにドイツのものを使用しました。

写真欄に当時の落書き入りの校長先生のお写真をはめ込みました。違和感もなくいい感じです。その面には本物のヨーロッパの使用済みの切手をお入れすることで彩りを加えています。

反対側には少しボカシたクラスメートとのお写真とお引越しされる方の文集です。

わかる人にはわかる、しかしとてもファッショナブルな一点が出来上がりました。

お送りする皆さんに写メをお送りしておお盛り上がりされていました。

そして代表の方もご自身の想い出のお写真、地図、楽譜などをお持ちになりご自分のものもオーダーをされていかれました。

出来栄えは後日、出来上がりましたらご案内いたします。

大好きなHawaiiを持ち歩きたい!!①

ハワイに移住なさっていらっしゃる日本の方で前回お友達がお作りになられたのをご覧になられて私も、とご来店されました。

ハワイの新聞と思い出のお写真をお持ちになられました。

いろいろお話をお聞きしながら材料を拝見いたしましたが、ハワイへの熱い思いのストーリーがおありになったので今回は新聞だけで構成することにいたしました。

さすが、ハワイの新聞だけあって写真が素晴らしいです。海や山、古い遺跡など、どこをとっても絵になる感じで今回はモノクロをベースに少しだけカラーをいれて落ち着いた雰囲気に仕上げました。

ハワイでの白いTシャツによく似合う一点になりました。今回も笑顔に触れられました。

大好きなHawaiiを持ち歩きたい!!②

人づてにお聞きになられて、かつて住んでいらしたHawaiiの新聞をお持ちになられました。

今も毎月ハワイに行っていらっしゃるというとてもお忙しいお客様です。

ナチュラルでオーガニックなお仕事に携わっているとのことでパステルカラーを中心に爽やかなお色でまとめてみました。

ハイビスカスなどのお花を散らすことでハワイらしい、しかしインテリジェンスな一点になりました。

お友達に自慢するそうです。

また新しい出会いがありました。

有名時計ブランドのモノクロヴィンテージ広告を長財布に

とてもアンティークの時計に造詣の深いお客様が何度も足を運ばれて、熟考の末お作りになられました珠玉の一点です。

やはり毎日持ち歩きたい、毎日眺めたい、とのことで長財布を選ばれました。

コレクターズアイテムのカタログをベースにストーリーを作りながらコラージュしました。

1940年代でしょうか、いい感じに焼けた、日本ではまず手に入らない有名時計ブランドの広告です。

モノクロの仕上げは経年変化が楽しめるので素敵な選択ですね。この方のセンスの良さが際立った一点にできあがりました。

数年後の経年変化を私も楽しみです

世界中の競馬新聞のコラージュショルダー!!

競馬がお好きで世界中の競馬に足を運ばれているというお客様です。

拝見したことのない世界中の競馬新聞をお持ちになられました。

ビックリしたのは世界では競馬はギャンブルではなく社交場。新聞も予想なんて書いて無くて美しい。

とても美しい新聞ばかりでしたので面積が大きくとれ、毎日持ち歩けるショルダー大サイズをお勧めいたしました。

几帳面なお客様でしたのでコラージュもわかりやすく、きちんとした配置にいたしました。

少し色を残し、綺麗なお馬さんのお写真を横に配列することで新聞ぽさを少し消してみました。

少し色気のあるとてもいいショルダーが出来上がりました。

これも焼けてきたら素晴らしいでしょう。

新宿伊勢丹オーダー会!!

新宿伊勢丹でオーダー会を行った時の長財布です。

この女性は100枚以上の1960年台のコレクションから一時間かけてご自分らしい紙面を選ばれました。

1960年代らしいヒールの靴とデザインされた字体のバランスが絶妙の一点に出来上がりになりました。

この少しだけ入った文字がとても重要な役割を果たしているデザインです。

長財布は紙が出る面積が狭いので構図がとても大切です。

でもその分出来上がった時のインパクトはトートバッグの比ではないです。

私もとても好きな一点に仕上がりました。

新宿伊勢丹オーダー会!!②

新宿伊勢丹でのオーダー会で悩まれ、その日のうちに御徒町の2K540店と新宿伊勢丹を往復されたお客様です。

頭の中で出来上がりのイメージができていらっしゃって、細かい構図はお任せ。一番プレッシャーなパターンでした。

ファッショナブルなパティスリーのお写真の良さを前面に押し出して、甘さと美しさを両立させました。

お若く、おしゃれなお客様にぴったりの一点に仕上がりました。

沢山悩まれただけに喜びも多く、お礼のお手紙までいただきました。こちらもオーダーならではの嬉しさ倍増です。

イタリアに思いをはせるショルダー!!

イタリアのフィレンツェにゆかりのお客様のご依頼です。

ご旅行が多いとのことですので小ぶりのショルダーバッグをご提案しました。
こちらでご用意したイタリアの地図を気に入っていただけました。まさにイタリアらしいピスタチオグリーン色です。

想いでの詰まったフィレンツェを中央に配置しました。

ネイビーブルーの帆布、牛革とピスタチオグリーン色がとてもいいハーモニーになりました。

フィレンツェで自慢するよ、とのありがたいお言葉を頂きました。

日本の新聞の長財布!!

ご自身の記事の載った日本の新聞でのご依頼でした。

いつも持ち歩きたいとの事でしたので面積の大きい長財布をご提案いたしました。飛行機作りに携わっていらっしゃるとのことで写真もすばらしいです。

新聞社名を真ん中に配してみましたがとても雰囲気が出ました。

今まではあまり日本の新聞ではおつくりしなかったですがとても素敵ですね。

使ってゆくうちにじわじわ愛着がわきそうな1点になりました。

フランスの新聞にご家族の写真を

大好きなご家族のお写真をお持ちになられました。
肌身離さず一緒にいたい との事でしたのでジップ長財布をご提案したいました。

お財布は一日に何度か出す機会が多いので想いの強いお客様にはおすすめです。

お写真もあまりぼかさずに使いたいというお気持ちでしたのでフランスの新聞の写真部分にはめ込むことにしました。パッと見ご家族のお写真だとはわからないので人前でも堂々と出すことができますし、ファッショナブルな仕上がりになります。
お子様のあどけない笑顔がフランスの新聞に溶け込んで素晴らしい一点になりました。

お子様が大きくなられた時にとっても味わいのあるお財布をご覧になり、ご家族の愛の大きさを感じる、そんなお財布になりました。

生まれたばかりの赤ちゃんの写真を母子手帳に!!

生まれたばかりの赤ちゃんのお写真をお持ちになられました。

通常はお作りしていないのですがどうしても母子手帳にしたいとの事でしたので特別におつくりいたしました。

華やかな、楽しいものにしたいとの事でしたので、1960年代の雑誌のポップな部分をお選びいたしました。その雑誌の紙面のお写真の部分に赤ちゃんのお写真をアルバム的にはめ込みました。

とても自然に馴染んで、いい感じに出来上がりました。なんとおしゃれな母子手帳ケースでしょうか。

将来この子が大きくなってこの母子手帳を見てどんな顔をするか、想像しても微笑んでしまいます。

お孫さんの書かれた作品を長財布に!!

二人の娘さんの想い出のお写真でバッグとお財布をお作りになられたお客様が今度はお孫さんのクレヨンのお絵かきをお持ちになられました。

とてもおしゃれなお客様でかっこいいものにしたい、との事でしたので長財布をご提案いたしました

コラージュは子供っぽくなり過ぎないように、1960年代の雑誌から誌面をお選びしてヨーロッパ調に仕上げました。

抽象的なクレヨン画が普通に大人が見ても欲しくなるような長財布に出来上がりました。

お母様の写真をセピア調に!!

亡くなられたお母様といつも一緒にいたいとお母様のお写真をお持ちになられました。

女性は日に何度かお財布を出すので長財布をお勧めいたしました。

お写真を4枚選んでいただき、フランスのフィガロ紙の広告部分にはめ込むことにしました。
大人な雰囲気の女性でしたのでお写真、新聞ともにセピア調に仕上げました。あえてお写真を大きく使わないことでアーティストによる作品のような雰囲気が出ました。

選んでいただいたお写真の素晴らしさを引き出せたお財布になりました。

ご自身が掲載された新聞記事を!!

ご自身が中国に留学中に記事として取り上げられた、という新聞をお持ちになられました。

これは絵柄が素晴らしかったので大き目のパソコンも入れることができるトートバッグをお勧めいたしました。

色もあり漢字の雰囲気の良さを最大限に生かすようポップアート的に仕上げてみました。

同じ日にロナウドやパバロッティも記事になったりでとてもゴージャスな紙面です。赤茶色の牛革を使うことでイタリア的雰囲気も漂うような一点になりました。

ファッショナブルながら、インテリジェンスの漂う素晴らしいバッグです。

弾装の包み紙を使用したロマン溢れるオーダー!!

本物のライフルの弾装をお持ちのガンマニアの方からその包み紙を使ってほしいというご依頼です。

錆びないようにと油をひいてある紙なのでコーティングが心配でしたが何とか出来上がりました。

良く見ると油の染みがまだらで何とも言えない雰囲気を醸し出しています。

一度戦場に行ったかもしれない弾装の紙、シリアルナンバーも含めてまさに一点物の極みとなりました。

迫力ある明神さまの紋!!

某明神様の特別な役をやっていらっしゃる方が明神さまの紋を染め抜いた布をお持ち込みになられました。

柄が大きいので革をあしらったトートバッグをお勧めいたしました。

半纏やお着物でお持ちになるとのことでしたので白色のクロコダイルの型押の牛革を組み合わせました。

また、せっかくの生地の風合いを生かすためにコーティングは内側にいたしました。

やはりすっきりとしかも迫力のある一点になりました。 お神輿仲間の集まりにお持ちになるそうです。

半纏や着物での組み合わせもぜひ拝見したいですね。

想像しただけでも視線を独り占め な感じです。

大好きなワンちゃんといつも一緒に!!

亡くなられた大好きなワンちゃんのお写真をお持ちになられました。

たくさんたくさん入れたい との事でしたので普段使いやすいトートバッグに仕立てました。

普通はやらないのですがあえて写真を切り抜いてペタペタ貼り付けてみました。

無造作なコラージュも意外性があっていい出来上がりになりました。

ワンちゃんといつも一緒、お気持ちわかりますね。

大好きなアーティストと!!

亡くなられた某有名アーティストの大ファンとのことでしたのでかなりお探ししました。

フランスの新聞の中にみつけました。

あまり出回っていないポーズだったのでショルダーでご提案いたしました。

見る人が見るとわかる、そんな通ごのみの一点になりました。

シブい!繊細な銅版画を使用した1点!!

いろいろコレクションをお持ちのクリエイターの方がお持ちになられました。

日本人が米国のペリーに書簡を持っていった時の銅版画 ということです。

とても高価なものでしたのでスキャンしてヴィンテージペーパーに落としました。

トートバッグの、あえて横に柄を使い、と底にも配することで生っぽい感じを消しています。

銅版画ならではの繊細なタッチをモノクロと焼けた紙が更に際立たせています。

使い込んで色が変わったり、シワが入っていったりしたらさらに素晴らしく変化していく楽しみが大きな一点ですね。

お持ちのヴィンテージマップを使用したトート!!

ヴィンテージのマンハッタンの地図をお持ちになられました。

サイズ的にもピッタリなのでトートバッグでおつくりいたしました。

もう片面は全然違う雰囲気にしたいとのことでしたのでヴィンテージの雑誌の中からお選びいただきました。

1960年代の誌面です。

ヴィンテージな地図とファッションのミスマッチ感が楽しい一点になりました。

色のバランスも面白いですね。

世界に一つだけのタブレットケース!!

タブレット用におつくりしたケースです。

お店で展開していたパッチワークのブックカバーをご覧になられてのご依頼でしたのでフランスの新聞のアートな部分をパッチワークにしました。

タブレットケースですので出し入れするときに新聞の裏側が覗き、また違った表情を見せます。

写真と活字、デザイン文字、にぎやかですがインテリジェンスの香りがするようにまとめてみました。

モニターは立ち上げる前は真っ黒なのでこのタブレットケースがひきたちます。またモニターが立ち上がると画面と連動して華やかになります。

意外性のある一点になりました。シンプルですが大人な雰囲気です。

ですが、作業性からしますともう2度は出来ないかもしれません。

オーロラの貴重な写真をアイテムに!!

オーロラを見にはるばる出かけられ、幸運にも画像に収められた方からのオーダーです。

お預かりしたのはお写真だけでしたが、ストーリーを分かりやすく伝えるため行かれた場所の地図をご用意しました。

写真の色の美しさ、、モチーフの素晴らしさ、それらを損ねないように注意してお作りしました。

長財布は面積が比較的大きいので片面を地図、もう片面を犬ぞりの写真をトリミングして配置しました。

カードケースは表面積があまり大きくないのでオーロラを前面に配置しました。

冒険好きのお客様の雰囲気に沿ったアクティブな一点に出来上がりました。

一生の思い出といつも一緒、ですね。

最愛のお孫さんとイラストのコラージュ!!

お孫さんのイラストをお持ちになられました。

お仕事でもお持ちになられ、でも毎日一緒にいたいとのことで表側を革でお作りしました。

モノクロの写真と黒の革がシンクロして大人のデザインに出来上がりました。

抽象画のようなイラストとリアルなモノクロ写真を組み合わせることでモード感あふれる一点になりました。少しだけ入れたワンポイントのカラーがとても効いています。

おしゃれなお客様でしたのでお洋服ともとても素晴らしいハーモニーでした。


お見積もり お電話でのお問い合わせも承っております。TEL:050-7519-2357

2」ヒ540ナケ。。map