エイジングする革財布の魅力

革財布を持つことの魅力にはどのようなものがあるでしょうか。
もちろん、革製品が持つ重厚感も魅力のひとつでしょうが、
一番の魅力は使い込むごとに味わい深さが出てくることではないでしょうか。
この味わい深さは、革のエイジング(経年変化)によって起こります。


「エイジングの魅力」

革財布はエイジングによって、光沢感が増し、色の深みが増していきます。
毎日のように使われる革財布は、使用時の様々な摩擦によって光沢感が増していきます。
さらに、紫外線の影響で色に深みが出てきます。

その上、革の表面は均一でないことから、絶妙な風合いが生まれるのです。
このような特徴があることから、革製品には使っている人の個性が反映されやすいのです。


「積極的に使っていくことで魅力を増していく」

革には、水分の吸収放出を繰り返して、自ら良好な状態を保とうとする性質があります。
これを革の「呼吸」といいます。
革財布の理想的なエイジングのためには、この呼吸を促してあげることが大切です。

したがって、革財布を風通しの悪い湿気の多いような場所に保管することは厳禁です。
そのような場所に保管すると、カビが発生する原因にもなってしまいます。
革の呼吸を促してあげるためにも、革財布は毎日使ってあげるようにしましょう。

@griffe東京では、革とヴィンテージペーパーを使用した革財布を始めとした革小物を取り扱っています。
使い込むごとに手に馴染んでくる革製品の魅力を存分に味わってみてください。



コラム一覧はこちら