革財布のお手入れの仕方

財布は、多くの方にとって1日に1度は手にするアイテムだと思います。
そのため、どうしても汚れやすくなってしまうのが難点だといえます。
このページでは、革財布のお手入れの仕方について説明していきます。

お手入れの説明の前に、財布を取り扱う上で注意して頂きたい点をお話します。
男性の方に多いかと思いますが、ズボンの後ろのポケットに入れることはなるべく控えてください。
ズボンの後ろのポケットに入れることで、形が崩れるだけでなく、
汗の付着によって革の劣化にもつながってしまいます。
面倒でも、財布はカバンなどに入れて保管しましょう。

【日常のお手入れの仕方】
1日の終わりに、綺麗な布で革に付着したホコリや手垢を乾拭きしてあげましょう。
布は特別に用意する必要はありません。
着なくなったTシャツなどを利用してもいいでしょう。
上記のお手入れを毎日行うことで、革財布を綺麗な状態で長期に渡ってお使い頂けます。

【汚れてしまった場合のお手入れの仕方】
汚れが付いた場合には、まずは水で濡らした布で拭いてください。
水拭きでも落とせない場合は、革専用のクリーナーを使用する必要があります。
クリーナーを使用する前に一度目立たない部分で試してみて、
変色が起きないかどうかを必ず確認するようにしましょう。

【濡れてしまった場合のお手入れの仕方】
革製品は水に弱いため、濡れてしまったらすぐに拭きとるようにしましょう。
そして、完全に乾くまで陰干しをします。
ドライヤーや直射日光で乾かすことは、革の劣化につながるので厳禁です。



コラム一覧はこちら